Tea Ceremony

Tea ceremony started in the 16th century in Japan and is associated with Zen Buddhism. Cha-no-yu means the way of tea. There are different ways to serve tea according to the occasions and seasons. I was introduced to three ways of tea ceremony in summer of 2004 when I visited one of my friends, who teaches tea ceremony in my hometown.  

Kooridate uses ice water. Bluish green bowl made the atmosphere of tea ceremony very cool and comfortable. 

Chabako contains a tea set, which makes it easy to enjoy tea anywhere. The electric grill is inside of a white bowl which was decorated with bluish lines, and again it made us forget the hot summer.

The last one was Obondate, which is a very simplified version of tea ceremony, and everything you need for tea ceremony was on a tray (obon).

今年の夏、実家を訪れたとき、江戸千家の茶道を教えていらっしゃる前嶋宋和先生に招かれて、お茶をいただいてきた(2000485日)。最初は氷点(こおりだて)で、氷の張った大きな器からすくった水でお茶を点てる。茶碗が涼風を呼び、点ててくださったお茶が猛暑を忘れさせてくれた。

茶箱には茶碗、茶筅などが入っており、手軽にどこでもお茶が楽しめる。お湯を黒い釜で沸かすのでなく、現代的に電気コンロに乗せた小さな金のやかんを使っていた。このやかんは何ともかわいらしく、涼しげだった。それにしても、コードが見えなければ電気コンロとは思えない陶磁器は、白に水色の線が、まるで水がこぼれるようにいく筋か入っており、季節感にあふれてていた。

最後に御盆点(おぼんだて)。茶箱をもっと簡素化したお点前で、お湯もポットから差し入れていた。

この三つのお茶はどれも「涼」をさそってくれる、結構なお点前だった。お茶の前にいただくお菓子といったら色とりどり、形もとても凝っていて、写真をとらなかったのが残念だ。特に、金平糖を入れる器は、今度来日したら是非手にいれたいと思ったくらい趣向の凝ったものだった。服装も、夏の薄物の着物、または普段着だったので、かしこまる事もなく、思いのほか楽しませていただいた。

 

The theme of the tea ceremony is presented by the scrawl and flowers. She uses the flowers from her own garden. 

きょうの主題。掛け軸と野の花。お茶の会には毎回主題があるそうだ。花はご自分のうちで育てたものを主に使うそうで、庭には夏の花がさきこぼれていた。

 

 

 

氷点(こおりだて)Kooridate

まずはふたを取って

First, take the lid off from the water bowl,

冷水を茶碗にいれ、

pour the cold water in the tea cup,

一回捨ててから、

discard it,

もう一度冷水をいれ、

then again pour the cold water,

お茶をたてる

and finally make the tea.

 

 

茶箱(ちゃばこ)Chabako

 

 

御盆点(おぼんだて)Obondate

 


Home